札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース(羽幌)
  • ニュース(札幌)
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 修行道場不動の会
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
携帯サイト
ニュース(札幌)|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(札幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

秋彼岸特別講演、日置洵子氏

日置洵子氏講演

秋彼岸法要を執行する際の定番となっております、お説教に代わる講演に今年は、岐阜県関氏から日置洵子氏を招き「認知症老人などのスピリチュアルケケアと音楽療法」と題して講演をいただいた。さすが多くの場所で講演されているだけあって、聴衆を引き込む力はふ上手く、認知症かんじゃさんなどをどのようにしてケアをするのかという現場の視点から見たスピリチュアルケアについて分かり易く講演いただいた。途中から日本の童謡を織り込み和やかな内に老人介護の有り方を分かり易く説明いただいた。

秋彼岸法要は、毎年盛りだくさんの行事を行う日で有るのだが、今年度は、格別に行事内容の多い日となった。

| 成田山真如院 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成29年度秋彼岸法要

 

秋彼岸法要

ひょっとこ踊り

13参り護摩

平成29年度秋彼岸法要を執行いたしました。8月お盆の際にお迎えした各々家精霊をあの世へ送って上げるお参りも併せて行いました。今年度は、新しくお寺に加わった方やこれまでお寺に一度も来られていなかった方々など新しい顔ぶれが大勢見受けられました。総勢60名程に達する方々がお参りに来られておりました。尚、今年度は、札幌市清田区にあります「ひょっとこ踊り」の伝統芸能保存会の皆様が「ひょっとこ踊り」を奉納されました。ユニークなお面と衣装に笑い転げる方もおられ、賑やかな一時を過ごしました。法要は、午前中は、13参り護摩法要を弟子誓心が焚き、住職は太鼓を叩いて祈願いたしました。午後からは、全員で7名の僧侶の力を戴きながら理趣三昧法要を行い盛大な法要を執行することが出来ました。

| 成田山真如院 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H.29.8 8月定例護摩

H.29.8定例護摩

8月定例の護摩を焚きました。先月の護摩では、非常に緊張した世情の警告をお不動様がされておりました。しかし、今月は、落ち着いた護摩の火が強く上がっておりました。今日の法要は、久しぶりに弟子たちが集い大勢の読経によって護摩の修法を行うことが出来ました。そんなこともありかなり力強い護摩火が上がっておりました。護摩火から分かったことは、協調性をお不動様は説いておられました。個別に勝手に走り、物事を行おうとする傾向が強い世の中で有りますが、その中でも互いの力の協調性を強く訴えている事を教えられました。9月は、17日に虚空蔵菩薩の護摩を誓心執行の下で焚く予定です。十三参りの行事や秋彼岸の行事も行いますので、時間の許す限り法要に参加して戴きたいと考えております。

9月17日行事内容 午前10時30分 虚空蔵菩薩護摩法要 学力、能力増進及び金運、福徳成就お参り、午後12時ひょっとこ踊り奉納、午後12時45分 老人介護、音楽療法の講演(岐阜県関市、日置絢子氏)、午後14時秋彼岸参り(永大供養、先祖供養、水子供養、ペット等供養法要、午後15時「おしるこ」お接待

 

 

| 成田山真如院 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5月清風俳句会を開催しました。

5月俳句会

2月に一度開いてております清風俳句会がこの度開催いたしました。今回は、5月を中心にした季語を使っての俳句会です。今回特撰に選ばれた俳句は、木村敏子(俳号 とし美)さんが詠まれた 「背伸びするややの手先に柳絮飛ぶ」が特撰に選ばれました。ちなみに私の俳句は、1.法螺を府は熊野を走る青葉坂、2.天空を割りて一閃那智の滝、3. 万緑の頬いっぱいに握り飯 と詠いました。次回の句会は、7月23(日曜日)に行います。

 

| 成田山真如院 | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5月定例の護摩を焚きました。

 

5月定例摩

5月の定例護摩を焚きました。今日は、それぞれの御祈願や心のもやもやを払しょくする為にお参りに来られて人がおりました。今日のお不動様は、じっと腕組みをして何も言わないまま過ごしておられました。お顔は、如何にも深刻そうな様子を伺い知ることが出来ました。これから実社会で何か急激な出来事が起きなければ良いがなぁ〜と多少心配しながらお不動様の様子を伺い知ることが出来ました。世界中が不穏で不安定なクリスタルに包まれた今日です。一寸したことが大問題に発展して取り返しのつかない出来事を発生し易い世の中です。少し気お付けてみる必要があるように感じながら護摩を終えました。

| 成田山真如院 | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページ: 1/33   >>
ページの先頭へ戻る