札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース(羽幌)
  • ニュース(札幌)
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 修行道場不動の会
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
携帯サイト
ニュース(札幌)|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(札幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

十三参りがありました。

習字

十三参り

3月17日は、札幌市内の小学校卒業式の日です。卒業式の為に着飾った娘さんとご両親か卒業式が終えるや否や当山に直行。そして、虚空蔵菩薩様に小学校を無事卒業し中学への新しい門出を祝い、十三歳になったお祝いに十三参りに来られた。十三参りは、昔で言うならば子供が大人に向かう為の元服のお祝いを意味する。両親が見守る中健康と成長そして学力が増して将来への備えが出来る様にと誓いを立てた。また、虚空蔵菩薩には、虚空蔵菩薩の左手に財宝の蔵を示す宝珠を持っている菩薩様である。これは、この中に内蔵されているものは、財宝や幸福といった宝を含んでいる事を示している。このことから虚空蔵菩薩様を拝むことにより、知恵やお金、幸せなど人間として生きる為に大切なものを私共衆生に与えてくれるのである。その虚空蔵様のお力を信じお参りを通してその願いを成就することを誓い祈願したお参りとなった。十三参りも少しづつ札幌の社会に認知されつつあることを実感して今日のお参りを終えた所であった。
 

| 成田山真如院 | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
介護福祉機器設備販売及びリースk株式会社新田開所式及び上棟式(旭川市)

株新田家屋お払い

H.29.3.4 旭川市豊岡9条に介護福祉機器、設備リース・販売を手掛ける株式会社新田の新規開所式と家屋お払いを兼ねたご祈祷を行った。社長の新田光博氏は旭川市内及び周辺の介護福祉施設に介護福祉機器リースや販売を行っている。新田氏の事業拡大に伴い事務所が手狭になったこともありこの度、新しく事務所と住宅を兼ね供えた家屋を新築した。4月から正式に事務所が開設されるが、その前に事務所および住宅を守る神様に魂を吹き込むと同時に家屋の部屋一つ一つを払うご祈祷のお参りを行った。当山の熱心な信者さんである新田氏は、今から5年程前にこの種の新規事業として起こした福祉機器リース販売事業を順調に拡大し発展させている。その為、今後将来を見ての新たな事業展開を行うべく新規事務所を今般開設した。旭川市での若手事業者のホープとして期待されている新田氏の今後の活躍が期待されている。今日は、開所式と上棟式を兼ねた貴重なお参りを行い新しい出発の門出をお祝いした。

| 成田山真如院 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成29年2月定例護摩を焚きました

2月定例護摩

平成29年2月28日定例の護摩を焚きました。今日は、弟子童真が初めて太鼓を叩きました。まだまだ修行が足りんの一言です。この太鼓にお不動様も苦笑しきりでした。まぁ、修行だから仕方がないかなといったお話でした。護摩は、良い火は上がってはおりましたが童真の太鼓に引きずられた感があり途中で火が消えてしまった所もありました。それでも全体的には節分時の護摩火とほとんど変わりがありませんでした。

| 成田山真如院 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
札幌分院節分法要

 

分院法要

法要

平成29年度札幌分院節分厄払い法要を実施しました。今年度は、約150〜160名ほどの参加者でした。昨年度より20〜30%少ない人数になりました。特に午後からの参加が少なく来年度に向けての課題が残りました。羽幌町本院での今年度の参拝者がここ数年内では最高の500人を超える出足があっただけに迫力差に欠けるものでした。しかし、将来の見えない参加者の未知数に期待と同時に課題を探させてくれた今年度の節分行事になりました。札幌市と言う都会では法要の時間が最大のテーマになります。長いとどうしても翌年からの参拝者減少に繋がりやすく、短い時間で中身の濃いお参りはどうあるべきかが今後問題になりそうです。又、知らしめるチラシなどの手段をどうするかも問題に残りました。お金をかけるだけが良いわけでは有りませんが、何処にどう掛けば一番効果があるかをも今後の検証材料になりそうです。まぁ〜来年度に期待を寄せてまた普段の日常業務に専念してゆきます。ただ、法要後のお説教が面白かったという意見が多く寄せられ、特にお不動様がお酒に酔って上機嫌で元の世界に帰られたとか、市川団十郎と成田山との関係の話には皆さん身を乗り出して聞いていたと話す人もおられました。今年の忙しかった節分行事も終え一段落です。

| 成田山真如院 | 06:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成29年度札幌分院節分案内

H.29節分チラシ

2月1日札幌分院節分法要(2月11日、土曜日休日)チラシを札幌市清田区周辺に配布しました。ご欄に成られていない方々に再度ご案内いたします。

成田山真如院札幌分院節分法要案内 2月11日(土曜日)、午前11時(一回目)、午後2時30分(二回目) 厄払い・当年星供養護摩法要

法要の流れ 参拝者全体への大錫杖と大般若加持によるお払い、護摩法要、参拝者一人一人の身体御加持、お説教、豆まき、餅まき

尚、厄払い、諸祈願、当年星供養のお申し込み受付は既に行っております。当日は、混雑しますので早めにお申し込みください。また、それぞれ願い事を書いて護摩の火の中で焼いてもらう添ゴマ木は、5本の願い事を書いて千円となっています。特別護摩木は1本5百円となっております。また、厄払いは、11日当日に限って1人3千円、諸祈願1人4千円となっております。この日以外の日に行厄払いや各種ご祈祷を申し込まれる方は、1人5千円に成りますので注意してください。沢山の方々のお参りをお待ちしております。お申し込みは、お寺まで直接持参されるか、郵送またはFAX(011-886-6600)、メール(info@naritasan.org)でも可能です。

 

 

| 成田山真如院 | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページ: 1/32   >>
ページの先頭へ戻る