札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース(羽幌)
  • ニュース(札幌)
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 修行道場不動の会
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
携帯サイト
ニュース(札幌)|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(札幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

5月清風俳句会を開催しました。

5月俳句会

2月に一度開いてております清風俳句会がこの度開催いたしました。今回は、5月を中心にした季語を使っての俳句会です。今回特撰に選ばれた俳句は、木村敏子(俳号 とし美)さんが詠まれた 「背伸びするややの手先に柳絮飛ぶ」が特撰に選ばれました。ちなみに私の俳句は、1.法螺を府は熊野を走る青葉坂、2.天空を割りて一閃那智の滝、3. 万緑の頬いっぱいに握り飯 と詠いました。次回の句会は、7月23(日曜日)に行います。

 

| 成田山真如院 | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5月定例の護摩を焚きました。

 

5月定例摩

5月の定例護摩を焚きました。今日は、それぞれの御祈願や心のもやもやを払しょくする為にお参りに来られて人がおりました。今日のお不動様は、じっと腕組みをして何も言わないまま過ごしておられました。お顔は、如何にも深刻そうな様子を伺い知ることが出来ました。これから実社会で何か急激な出来事が起きなければ良いがなぁ〜と多少心配しながらお不動様の様子を伺い知ることが出来ました。世界中が不穏で不安定なクリスタルに包まれた今日です。一寸したことが大問題に発展して取り返しのつかない出来事を発生し易い世の中です。少し気お付けてみる必要があるように感じながら護摩を終えました。

| 成田山真如院 | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高野山、熊野古道、那智の滝参拝旅行

奥の院

熊野古道大門坂

那智の滝

 

4月16日から19日まで高野山、那智大社、那智の滝、熊野古道、勝浦温泉などを巡る参拝と観光を兼ねた旅行を行った。総勢12名が北海道、秋田県から集い楽しい旅行になった。たまたま高野山では正御影供という法要の年中行事が行こなわれていた事もあり御影堂と奥の院にお参りをして、高野山や他の地区の観光を兼ねた旅行が出来た。次回は、再来年4月頃お四国巡礼の旅を計画している。那智の滝は、訪れる前日に大雨があったことで那智の滝水量が何時もより多く勇壮に流れ落ちている様子が分かる。滅多にない光景だとガイドされ全員は、感激も一入だった。

| 成田山真如院 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
十三参りがありました。

習字

十三参り

3月17日は、札幌市内の小学校卒業式の日です。卒業式の為に着飾った娘さんとご両親か卒業式が終えるや否や当山に直行。そして、虚空蔵菩薩様に小学校を無事卒業し中学への新しい門出を祝い、十三歳になったお祝いに十三参りに来られた。十三参りは、昔で言うならば子供が大人に向かう為の元服のお祝いを意味する。両親が見守る中健康と成長そして学力が増して将来への備えが出来る様にと誓いを立てた。また、虚空蔵菩薩には、虚空蔵菩薩の左手に財宝の蔵を示す宝珠を持っている菩薩様である。これは、この中に内蔵されているものは、財宝や幸福といった宝を含んでいる事を示している。このことから虚空蔵菩薩様を拝むことにより、知恵やお金、幸せなど人間として生きる為に大切なものを私共衆生に与えてくれるのである。その虚空蔵様のお力を信じお参りを通してその願いを成就することを誓い祈願したお参りとなった。十三参りも少しづつ札幌の社会に認知されつつあることを実感して今日のお参りを終えた所であった。
 

| 成田山真如院 | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
介護福祉機器設備販売及びリースk株式会社新田開所式及び上棟式(旭川市)

株新田家屋お払い

H.29.3.4 旭川市豊岡9条に介護福祉機器、設備リース・販売を手掛ける株式会社新田の新規開所式と家屋お払いを兼ねたご祈祷を行った。社長の新田光博氏は旭川市内及び周辺の介護福祉施設に介護福祉機器リースや販売を行っている。新田氏の事業拡大に伴い事務所が手狭になったこともありこの度、新しく事務所と住宅を兼ね供えた家屋を新築した。4月から正式に事務所が開設されるが、その前に事務所および住宅を守る神様に魂を吹き込むと同時に家屋の部屋一つ一つを払うご祈祷のお参りを行った。当山の熱心な信者さんである新田氏は、今から5年程前にこの種の新規事業として起こした福祉機器リース販売事業を順調に拡大し発展させている。その為、今後将来を見ての新たな事業展開を行うべく新規事務所を今般開設した。旭川市での若手事業者のホープとして期待されている新田氏の今後の活躍が期待されている。今日は、開所式と上棟式を兼ねた貴重なお参りを行い新しい出発の門出をお祝いした。

| 成田山真如院 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページ: 1/32   >>
ページの先頭へ戻る