札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • 永代供養
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
永代供養
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
ニュース|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(札幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

3月定例護摩、コロナウイルス撲滅の護摩でした。

 

3月定例護摩

3月定例護摩を焚きました。コロナウイルスが予想に反して大きく悪化してしまいました。ただその中にあって北海道は、早い対応が功を奏し事態は収束方向に向かっているようです。少し明るさと余裕が生まれて来ました。ただ、東京、大阪、名古屋など大都市圏では、収束どころかオーバーシュートなどと言った言葉が行き交う重大な局面を迎えているとのことでありとても心配です。また、アメリカ、イタリヤ、フランス、ドイツ、イギリス、イラン、韓国、中国などでは、国の将来すら危うくなるような、不安な不幸な状況が刻々と伝えられてきております。今日は、こんな深刻な状況を吹き飛ばすために護摩の瞑想道場には、薬師如来様と十一面観音様といった、昔から感染病と闘って来られた仏様たちをお招きして、不動様は護摩を焚きました。何とかコロナウイルスを吹き飛ばし、落ち着いた社会が再び取り戻せることをお祈りいたしました。ただ今の所、日本社会は、感染者数も致死者数も他と比較して大幅に少なく、感染対策は上手くやっていると言えると思います。今後、今の状態を維持しながら医療を守り、、医療の先生方を守りつつ、早くワクチンや治療薬が出来上がって、コロナウイルスと世界の社会の上手く同居できるような社会を作り上げられる時期が来ることを早く待ち望んでおります。先般もページで述べましたように、我々仏教徒の国々、台湾、ベトナム、モンゴル、日本のような国々では、コロナウイルスの感染者数がやたら少ないように感じております。仏教以外の国々に関連している宗教をみて見ますと、どの宗教をとっても、それぞれ独特な集団礼拝や集団信仰といった極端な集団行動が宗教の中で行われているように見えます。この点を仏教徒の信仰、礼拝と比較しますと、仏教における礼拝形式は、集団というよりも主に個々の小さな集団による礼拝、信仰形態が多く見られます。今回のコロナウイルス感染には、このような点の違いも要因として存在しているのではないのかなと感じております。ただ、いずれにしても早く感染が収束して安心した生活に戻るように強くお不動様の護摩の中でお祈りを致した所です。

| 成田山真如院 | 15:45 | comments(0) | - | pookmark |
十三参りを戴きました。

十三参り

習字十三参り

十三参りは、江戸時代成人の足入れの儀式として盛んにお参りされました。十三歳に成ろうとする男女の子供達が虚空蔵菩薩様に自分で書いた漢字一文字を虚空蔵菩薩様に捧げ、頭が良くなりますように、お金が儲かりますように、幸せでありますようにと願いを掛けてお参りする行事です。コロナウイルスというとんでもなく、見えない敵に世界中の社会が振り回されている中、仏様に願い出て社会に向かって前に向かて歩こうと誓うことは大変勇気のある行動です。きっと立派な社会人になるでしょう。漢字一文字「修」を記して一生懸命願いを掛けておりました。幸い台湾、ベトナム、日本などの仏教国の国にはコロナの感染者が極端に少ないように感じます。キリスト教国、イスラム教国とでは礼拝や信仰形式に違いが有るからなのでしょうか。それとも政治的な違いによるからなのでしょうか。私は、前者の考え方に多少理があるように感じています。

 

 

| 成田山真如院 | 13:00 | comments(0) | - | pookmark |
札幌分院節分の行事が終了しました。

令和2年節分行事が終了いたしました。2月5日は、羽幌町本院で2月11日は、午前と午後の2回の護摩厄払い法要を行いました。本年は、コロナウイルスの影響によってなのか昨年と比較して若干少なめの200名程でした。それでも若い行者さん達の大きな掛け声が本堂内に響き渡りコロナも不景気も一辺に吹きとばしておりました。豆を撒き副餅を拾う賑やかな行事が終わりました。でも、疲れました。年を感じます。さあ、新しい年が始動しましたよ。

 

 

 

 

| 成田山真如院 | 14:49 | comments(0) | - | pookmark |
令和2年羽幌町本院節分行事の模様

本院節分

御加持

令和2年羽幌町本院での節分厄払い法要の行事が行われました。今年は、当山の最盛期の頃の参拝客と比較して約半分にも満たない約250名程の参拝客となりました。これが羽幌町の現実の姿なのかと打ちのめされてしまいました。それでも若い行者さん達は、水分補給をしながら、顔いっぱいに汗をかき、汗を拭きふき御加持に力を込めておりました。護摩の火は、力強いものがあり、猛威をふるっているコロナウイルスを吹き飛ばすかのような勢いのあるものでした。さて、次は2月11日(火曜日祭日)に札幌分院にて護摩を焚き、御加持を加え、豆まき、餅まきが行われます。何となく暗い世の中に明るい光を投げ込む行事に成ることを願ってお参りいたします。

 

 

| 成田山真如院 | 14:43 | comments(0) | - | pookmark |
令和元年10月定例護摩

 

定例護摩(R.1.10.28)

護摩に合わせての瞑想

10月定例護摩をたきました。9月24日から約1ヶ月入院治療により病院生活を送っていたことから9月は護摩を炊けませんでした。その為、、1月ぶりです。今日は、いつもの人達がお参りに参加してくれて賑やかな護摩と昼食が出来ました。私は、日ごろから皆さんに「お寺は、宗教を通したディサービスをするところだ」と言っています。現代の世の中は、忙しく、多様な生き方に振り回され、自分を振り返って見れば。周囲に誰かがいたとしても結局のところは、自分が一人であることに気付かされます。社会の中では、皆さん孤独な生き方を強いられている事が分かります。そんな中、お寺に信仰を通して各々故人の悩みをお寺に持ち込む事み、住職など多くの宗教人に共有され、信仰によって集まった人達に共有される。そして、お互いに言葉を述べ合い、心を分かち合って一時を過ごすことが出来て癒されるのである。これは、まさにお寺が行っているディサービスに他ならない。これからの社会には、こんな動きが益々必要とする世の中になって行く気がする。その先駆けを行っているのが当山のような気がする。

| 成田山真如院 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページ: 1/42   >>

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

エントリー

プロフィール


ニュース内検索

アーカイブ

フィード

携帯版ニュース

qrcode
ページの先頭へ戻る