札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 修行道場不動の会
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
永代供養
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
携帯サイト
ニュース|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(札幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

札幌分院の厄払い法要

分院の厄払い

若住職護摩

札幌分院のお参り

2月11日は、札幌分院の厄払い法要の日です。約200名を超える大勢の参拝客を迎えました。年々参拝者も増えてきているようです。皆さん1年の幸せと難から逃れる様にと真剣にお参りしておりました。

| 成田山真如院 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
羽幌町本院厄払い法要

若住職加持

豆まき

御加持

2月5日は、羽幌町本院の厄払い法要の日です。今年は、約300名程のお参りがありました。最高時に比べれば多少少なめになって来ましたが、それでもそれなりの参拝客があり喜んでおります。今年も良い一年が過ごせますようにと皆さん一生懸命にお参りを致しました。

| 成田山真如院 | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
12月定例護摩を焚きました

12月定例護摩

定例護摩(H.30.12)

2月定例護摩を焚きました。平穏な年であったことを思い起こせる良い護摩の火でした。日本を取り巻く情況も、同時に私や私のお寺を取り巻く周辺の情況も平穏な良い年であったと考えております。今年に計画した事業は全て完済いたしました。さて、来年は、どうなるのかと予測する時、難しい国際情勢や危惧する紛争などを見た時、日本社会に不安の隠せない年を迎えそうだと言う人もいるようです。でも、今回の護摩の火からは、当初から言われているような深刻な不安を、それほどに抱える必要ではないことを暗示している様に感じています。希望を持ち、前に向いた気持ちを持っていれば乗り越えられる年であると感じられました。元気に前に向かって行きましょう。今年1年間、有難うございました。

| 成田山真如院 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
瞑想による自己課題に向き合う

瞑想指導

これまで多くの方が瞑想会に参加されていたが、それぞれが皆さん死後の都合や転勤によって常時参加の方々が無くなっていたのだが、先週からまた一人常時、瞑想会に参加される方が表れた。人材は、大変優秀な方で有り、社会的にも大変評価の高い方と言われる人だ。所が、そのような方であっても社会の中で生きる間に発生した難題により自己の中に難問を抱え、苦しんでおられる。今回、自己課題を持ち寄って課題解決の為に瞑想に参加された。私の所には、これまでもそうであったが、多くの方たちは、自己課題を持ち込んでは向き合って解決の為に努力された。お陰で良好な結果が多く生まれているのだが、今回の事例も同様に向き合い始めた。何度か瞑想を繰り返している内に、難題解決の方向が多少なり見えて来たので共々歩み進みだした所だ。もう少し続けながらさらに良い方向が打ち出せるように続けていくところだ。

| 成田山真如院 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
年末大掃除のお昼

年末大掃除

今日は、年末大掃除と仏具の御磨きの日です。1年間についた垢を磨き落としてピカピカにして、お供え用の仏具を磨きました。そして、今日のお昼は、秋田県羽後町佐藤弘子さんから提供していただいたキリタンポです。醤油汁の汁は、なんとも言えない抜群の味です。また、工藤直人さんからは、お蕎麦の提供も頂きました。そのお蕎麦を、キリタンポのお汁をいれた丼に浸したいただきました。「旨いのなんの!!」絶品です。カブとタイなの粕漬は、当別町福井昭紀さんからの提供、食後のリンゴは、青森八戸関川さんからの提供、何とほとんどの食べ物は、全国からの珍しい食べ物ばかりです。一足先の年越しになりました。忙しかった札幌分院の1年もどうやら無事に終えることが出来そうです。仏様にお供えする器を綺麗にして、月末にお飾りをしてお正月を迎えます。来年も今年以上に良い年であるように夢見ております。一足先の年越しでした。

| 成田山真如院 | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページ: 1/39   >>
ページの先頭へ戻る