札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース(羽幌)
  • ニュース(札幌)
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 修行道場不動の会
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
携帯サイト
ニュース(札幌)|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(札幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

永代納骨墓工事開始

永代供養納骨墓設置工事

墓工事

予てから検討していた当山永代納骨墓設置工事が8月23日から始まった。今回の工事は、長年設置の検討していた中に離島住民の墓仕舞いによる遺骨の納骨場所を当山に求めて来た事による工事の検討がなされてきたことが始まりとなっている。さらに墓仕舞いなどによる遺骨の収納、永代納骨などの墓利用の他に遺骨葬儀と送骨とを兼ね合わせた新たな遺骨葬儀事業を開始することによる永代納骨墓設置とつながっている。10月10日完成、引き渡しの後、永代納骨者による納骨そして11月4日の永代供養法要を経て事業が開始されることになる。当山の新しい出発を祈念する始まりともいえる事業となる。

| 成田山真如院 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
分院本堂トイレ修理と玄関屋根が終わり完成

トイレ完成2

分院玄関屋根完成

6月下旬からかかっていた札幌分院玄関屋根の雨漏り修理による全面葺き替え工事、トイレ詰まりにより全面やり替え修理事業工事がこの度8月おぼ最中に全て終了し事業が完成した。札幌市の当山檀家でもある本間建業(代表取締役社長本間義治)の全面応援により立派に完成することができた。尚、このほか羽幌町本院においても本堂暖房器具全面入れ替え、庫裡2回浴室ぜな面改修などがこの後控えている。この為工事総額が850万円と大幅な事業となったため、檀家さんからの約6割の応援と残りをお寺が負担することで臨時役員会で了承されて今回の事業執行の運びとなった。兎に角一つの関門を潜り抜けたが、まだまだ本院本堂の屋根全面葺き替えなど大事業が残っており頭の痛い所だ。

 

| 成田山真如院 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
送りトーローのお参り

送りトーロー

8月16日は、送りトーローのお参り日です。京都では大文字焼きにてお盆に迎えた精霊を再びあの世に送り返しました。当山では16日に写真を写す人が居なかった為、17日に行ったお参りの様子を写したものを掲載しました。当山では一応18日までトーローに灯をともしお参りを行いますが、一応この日を以てトーローには灯を入れません。来月9月16日秋彼岸法要の際に再度トーローに灯を入れ、護摩を焚き、十三参りの法要、永代供養、先祖供養、水子供養、ペット等の供養法を7名の僧侶を以て理趣三昧法要を以て執り行います。そしてお盆から秋彼岸までの長丁場の各種供養法を終了します。年々この法要の主旨を理解し始めてくれだしました。トーローによる参加者が大幅に増えてきております。取り合えず報告といたします。

| 成田山真如院 | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
迎えトーローのお参り

迎えトーロー

今日は、旧暦お盆の迎えトーローの日です。札幌分院の檀家さんや信者さんからお預かりしたトーローに火を入れて皆様ご家族のご先祖を迎え入れました。13、14、15、16日の毎日お参りをして16日午後には送りトーローに火を入れてお迎えしたご先祖の皆様を再びあの世へ送り返します。僅か数日ですが里帰りされたご先祖様とご家族皆様とが仲良く水入らずに歓談してください。私は、お盆の間は、ご先祖様の送迎を担当させていただきます。

| 成田山真如院 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
約半年にわたる大事業の開始

分院本堂屋根修理事業

6月7日、今日から札幌分院本堂屋根の修理工事が始まりました。この事業を皮切りに来月には、今度は羽幌町本院にて一連の改修工事事業そして住職が30歳代前半に行った求聞持行や現代社会の中で実践している臨床事例を記録した記録本の出版、永代供養墓の設置事業、11月4日に行う羽幌町本院での永代供養法要など一連の事業が今日から開始されました。お寺の経済的な負担も大変ではあるが、成田山真如院の行く末を占う為の大事業の執行の始まりと見ているので、負担よりも先々への希望の灯りの方が大きい。融資先の銀行や関連強者、当山役の他大勢の檀信徒から期待が大きいだけに力の入る一大仕事と捉えている。私もこの仕事を含めいよいよ最後の大仕事に向けて本格的に走り出したところだ。

| 成田山真如院 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページ: 1/36   >>
ページの先頭へ戻る