札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • 永代供養
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
永代供養
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
ニュース|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(札幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

Entry: ニューストップページ  << >>
Nathan慈心Michon先生が来寺しお勉強

ネイサン氏と読経

ネイサン氏と共に

アメリカバークレイ大学博士課程に在学で、現在「日本社会におけるスピリチュアルケアについて」と称して博士論文を執筆中のNathan慈心Michon先生が当山に来寺した。Nathan先生は、日本社会の中における仏教者の中にスピリチュアルケアがどのように使われているかなどについて研究されている。先生は、日本国内ほぼ全体を歩いて様々な情報や事例について調べ上げていた。ほぼ、博士論文の概要は出来穿っているようだが、さまざまな情報や事例などについてさらなる調査を繰り返しているようだ。今回は、私が執筆した「虚空蔵菩薩聞持行回想と現代社会で実践した事例記録」の著書を参考に、著書の内容や現在私が取り組んでいる様々な社会的な事例内容や瞑想の利用などについて聞き取り調査を行った。Nathan先生は、これまで何年もかかって国内ほぼすべてに近いところまで足を延ばし、そして遠くはタイ国まで出向いて「森の瞑想」など瞑想に関して調査も行っているようだ。そして、日本国内の大乗仏教にある瞑想の有り方や信仰の有り方について深く調査している。そして、特に密教に関してロサンゼルス別院にて真言宗の得道を受けているる事もあって、高野山や京都などで密教や瞑想について勉強も併せて研究を重ねていたようだ。現在アメリカでは、仏教者のチャプレンが仏教徒やキリスト教徒を問わず瞑想やスピリチュアルケアなどに活動し活躍されている方が多くなっていると話していたのが印象的だった。バークレイは、サンフランシスコの近くと言うこともあり、最近では特に移民問題や差別問題が大きな社会問題になっていると言う。こんな事から博士論文が認められたら研究税としてバークレイ大学に研究生として残るかなどして移民年代を通してるスピリチュアルケアの有り方などを研究したいと言っていた。私からは、私が取り組んだ現代日本社会の中での様々な事例研究を通して博士論文に私の名前を載せてくれることなどを約束して、私に対する聞き取り調査研究が終了した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 成田山真如院 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント








トラックバック

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

エントリー

プロフィール


ニュース内検索

アーカイブ

フィード

携帯版ニュース

qrcode
ページの先頭へ戻る