札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース(羽幌)
  • ニュース(札幌)
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 修行道場不動の会
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
携帯サイト
ニュース(札幌)|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(札幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

H.304定例護摩を焚きました

H.30.4定例護摩

4H.30.4.28定例の護摩を焚きました。かなり良い火が上がっておりました。写真が今一つ良いものが有りません。今月のお不動様は、家来を大勢引き連れ五峯八柱という宮殿お出ましになり、こちらが御持て成しをする物や出し物に満足されていた様子が伺えました。良いお接待が出来たと考えております。その為か今日のお不動様は、とても上機嫌で喜んでおられました。随分願い事が多いなぁ〜とあらためて関心を寄せておられました。この分ですと大半のお願い事は、きいてもらえそうな雰囲気がありました。

最近の毎月の護摩祈祷には参拝される方が月毎増えており、皆さんとても熱心にお参りされる方ばかりでとても感心しております。また、月毎新規の方が増えておりお寺としても大変喜んでいるところです。来月も特別に用事がなければ、5月28に護摩を焚きたいと考えております。

| 成田山真如院 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
十三参り

 

十三まいり

十三参りを戴きました。数え十三歳を迎える男女が虚空蔵菩薩様にお参りして、頭が良くなり、財福が到来し、幸せに包まれる人生であることを祈願するお参りです。今回は、美人で聡明なお嬢さんにお参りいただきました。これからももっと十三参りが広がって行くことを期待しております。

| 成田山真如院 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成30年3月定例護摩を焚きました

 

平成30.3護摩

3月定例護摩

平成30年3月定例護摩を焚きました。今年に入ってから何かと多忙な日々が続いております。通常で有れば3月28日に護摩を焚かなければいけなかったのですが2月に引き続き葬儀など緊急な要件が発生してしまいました。それでも今月の護摩を焚けました事は幸いでした。お不動様も大変厳しい姿勢や態度を見せておりました。世界的には一応平穏に過ごしいる今日ですが何が起きるか分からないと言った状況が渦巻いていると言う事のようですね。何もない事を祈りたいと思います。昨年か後半頃から28日護摩祈祷には参拝客が徐々に増えているようです。気を引き締めて焚いて行くように心がけします。来月は、予定通り4月28日には護摩を焚きたいと思います。

 

| 成田山真如院 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
札幌分院節分厄払い

分院節分厄払い

分院節分

平成30年度節分厄払い法要は、2月11日午前、午後2回ら渡って行われた。約200〜250人ほどの方々が本堂に集い厄払いのお払いを受けていた。今年度は、丁度インフルエンザ流行時期と重なり来寺される参拝客は例年より大幅に少ないだろうと予測していた。

処が蓋を開けて見れば、あにはからんやである。予想よりもかなり多くの来寺客に寺内関係者は大慌てでてんてこ舞いになった。嬉しい限りである。しかもほとんど9割以上はリピーター客である。お寺の行事が札幌市清田周辺地区に徐々に定着しつつあるのかなという印象を持った行事になった。来年度以降が楽しみになってきたのを自覚できた年になった。節分法要を札幌分院で初めて行ったのが平成20年からで今年で10年を迎えることに成った。10年の歳月の成果がすこしづつ出て来ているのかなと感じた今年になった。

| 成田山真如院 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
成田山真如院節分厄払い法要と豆まき

御札加持

御加持

平成30年度節分厄払い法要が行われました。今年は、5日が平日出会ったこともあり昨年と比較して100〜200名程少ない参拝客がありました。約350名の参拝と言った所でしょうか。それでも参拝者一人一人が御加持と厄払いを受け、終わった後は全員で豆をまき、餅をまきました。そして撒いた豆と餅をキゃ〜、キゃ〜言いながら拾っておりました。何かと不安才材料の取り巻く世界や日本社会、地域社会の中で一時の安楽と安らぎを得た行事でした。今年もますます良い年に成りますようにお不動様も上機嫌で喜んでおられました。楽しいひと時でした。

| 成田山真如院 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページ: 2/36  << >>
ページの先頭へ戻る