札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース(羽幌)
  • ニュース(札幌)
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 修行道場不動の会
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
携帯サイト
ニュース(札幌)|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(札幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

平成30年1月3日年始参り護摩

H.30.1.3護摩

年始参り護摩

平成30年1月3日今年度の年始参り護摩を焚きました。なかなか良い護摩でした。ただ、火の回りが早く元旦の時の護摩も同じ現象が見られました。このことを考えますと今年の物の動き、国の政治の動き、経済の動き、世界の様々な動きはかなり早く移り変わる事を予想しました。又、来年度からは、天皇陛下御即位、消費税アップ、TPP,EPA,ロシヤ、中国との関係が新しく出発する動きがある事から、その下準備に似た動きが今年度早々から起きて来るのではないかと予測しました。日本やこの周辺地域、経済関係など大きく変化が起きる年を迎えました。乗り遅れないようにと同時に自分足元を良く見つめて前に歩んで欲しいものと思います。

また、当山も今年度から大きく変化、発展の年を迎えております。気を引き締めてこの1年を乗り切りたいとモチベーションを高く掲げた都市の始まりでした。

 

| 成田山真如院 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成29年最後の定例護摩

H.29.12定例護摩

平成29年最後の定例護摩を焚きました。良い火が上がっておりました。今日のお不動様は、上機嫌でお酒を一杯召し上がって変えられました。さして悪い内容のものは指摘されなく、明年度に掛けて比較的穏やかな年を迎えられるのではないか胸をなでおろしております。ただお不動様には、4人のきかん棒の家来がおりますが、この仏様たちが何やら相当不満を持っておられるようでしたが、大それたことには成らないだろうと感じました。ですから大きな出来事に成らないまでにも何かしら一寸した問題は引き起こされて世界の世の中、日本中が振りまわされることが有るかも知れません。ともかく今年度は、それほど問題のないまま平穏の内に一年が閉じようとしております。来年度も良い年におりますようお祈りいたしております。

| 成田山真如院 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
来年9月私の本を出版します。

秋の高野山

10月31日、高野山に行ってきました。ここは、紅葉染まる秋一杯の高野山伽藍前です。今回は、来年9月頃私が書きました著書「求聞持行回想記録」と瞑想分析、社会の中における臨床事例、護摩行六十座修行についての回想記録です。著書の内容は、求聞持行をお行った時の経過、修行経過内容、修行の中で得られた修行体験、神秘体験などについて分析し考察しながら記述いたしました。また、求聞持行の中で得られました深い瞑想内容について大下大円先生が主張展開されております臨床瞑想法と照らし合わせて比較検討と分析、考察を試みて見ました。又、その他お寺の中の「心の療養院」の中で臨床応用させてもらっております社会の中における臨床事例についても取り上げ、心理学、スピリチュアルケア学、修行の中で得られた神秘体験や修行体験などを通して臨床応用している事例について報告してあります。また、護摩行六十座行についても記載してその時のエピソードなどを記載してあります。ただ、一介の地方坊さんの戯言に過ぎない程度のものでありますので、興味が有れば眺めていただければ幸いだなと感じております。

| 成田山真如院 | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秋彼岸特別講演、日置洵子氏

日置洵子氏講演

秋彼岸法要を執行する際の定番となっております、お説教に代わる講演に今年は、岐阜県関氏から日置洵子氏を招き「認知症老人などのスピリチュアルケケアと音楽療法」と題して講演をいただいた。さすが多くの場所で講演されているだけあって、聴衆を引き込む力はふ上手く、認知症かんじゃさんなどをどのようにしてケアをするのかという現場の視点から見たスピリチュアルケアについて分かり易く講演いただいた。途中から日本の童謡を織り込み和やかな内に老人介護の有り方を分かり易く説明いただいた。

秋彼岸法要は、毎年盛りだくさんの行事を行う日で有るのだが、今年度は、格別に行事内容の多い日となった。

| 成田山真如院 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成29年度秋彼岸法要

 

秋彼岸法要

ひょっとこ踊り

13参り護摩

平成29年度秋彼岸法要を執行いたしました。8月お盆の際にお迎えした各々家精霊をあの世へ送って上げるお参りも併せて行いました。今年度は、新しくお寺に加わった方やこれまでお寺に一度も来られていなかった方々など新しい顔ぶれが大勢見受けられました。総勢60名程に達する方々がお参りに来られておりました。尚、今年度は、札幌市清田区にあります「ひょっとこ踊り」の伝統芸能保存会の皆様が「ひょっとこ踊り」を奉納されました。ユニークなお面と衣装に笑い転げる方もおられ、賑やかな一時を過ごしました。法要は、午前中は、13参り護摩法要を弟子誓心が焚き、住職は太鼓を叩いて祈願いたしました。午後からは、全員で7名の僧侶の力を戴きながら理趣三昧法要を行い盛大な法要を執行することが出来ました。

| 成田山真如院 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページ: 2/34  << >>
ページの先頭へ戻る