札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース(羽幌)
  • ニュース(札幌)
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 修行道場不動の会
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
携帯サイト
ニュース(札幌)|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(札幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

祈りの会東京別院

保坂先生

祈りの会東京別院

5月定例の護摩を焚きました月13日高野山東京別院にて「祈りの会」という行事が開催された。この行事は、東京都江戸川区の玉置妙憂法尼が主催する行事であり、今回は総勢80名ほどの参加者があた。今回の祈りの会は、保坂 隆先生(聖ロカ国際病院精神腫瘍科医長、医学博士)による「瞑想と祈りの脳科学」と題しての講義、川端信子先生による「マインドフルネス瞑想」の講義と実践、高野山東京別院本堂内における「光明真言を唱えながらの大数珠回し」の3つがテーマとして行事が進行された。中でも保坂先生からは、「いのり」や「瞑想」が人間の脳科学にどんな影響をもたらしているのかを科学的、医学的にアメリカでの研究データーに下づき分析させてその有意さについてお話をされていた。

来年度平成31年9月15日(日曜日)、保坂先生に当山迄お越しいただいて、「空海の精神分析(保坂 隆著)」を中心テーマとして弘法大師空海についての講話をいただくことに決定した。詳細案内は、次年度になってから案内する予定。尚、今後の秋のお彼岸法要では、四国13番札所の令室であり韓国舞踊の第一人者である金昴先さんにお越しいただいて有名な韓国舞踊の奉納講演を企画している。これからが楽しみになってきた。

| 成田山真如院 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりに朝寺が開かれました

しばらくぶりの朝寺

ビール園

札幌ビール園

朝寺の会が久しぶりに開かれました。皆さん職場の勤務先が転勤になり福井市や旭川市、苫小牧市など札幌市以外の勤務地になってしまいました。その為、なかなか一同に会することは難しくなり、朝寺の会が開催しにくくなりました。しかし、ゴールデンウイークを利用して札幌に帰郷したこともあって、今回久しぶりに朝寺の会が開かれました。昨日は、前夜祭と言うこともあって札幌ビール園で久方ぶりの顔合わせ会を開きました。懐かしい中にも何時もの変わらずの笑顔がありました。今度は、いつ開催できるのやら・・。

| 成田山真如院 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H.304定例護摩を焚きました

H.30.4定例護摩

4H.30.4.28定例の護摩を焚きました。かなり良い火が上がっておりました。写真が今一つ良いものが有りません。今月のお不動様は、家来を大勢引き連れ五峯八柱という宮殿お出ましになり、こちらが御持て成しをする物や出し物に満足されていた様子が伺えました。良いお接待が出来たと考えております。その為か今日のお不動様は、とても上機嫌で喜んでおられました。随分願い事が多いなぁ〜とあらためて関心を寄せておられました。この分ですと大半のお願い事は、きいてもらえそうな雰囲気がありました。

最近の毎月の護摩祈祷には参拝される方が月毎増えており、皆さんとても熱心にお参りされる方ばかりでとても感心しております。また、月毎新規の方が増えておりお寺としても大変喜んでいるところです。来月も特別に用事がなければ、5月28に護摩を焚きたいと考えております。

| 成田山真如院 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
十三参り

 

十三まいり

十三参りを戴きました。数え十三歳を迎える男女が虚空蔵菩薩様にお参りして、頭が良くなり、財福が到来し、幸せに包まれる人生であることを祈願するお参りです。今回は、美人で聡明なお嬢さんにお参りいただきました。これからももっと十三参りが広がって行くことを期待しております。

| 成田山真如院 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成30年3月定例護摩を焚きました

 

平成30.3護摩

3月定例護摩

平成30年3月定例護摩を焚きました。今年に入ってから何かと多忙な日々が続いております。通常で有れば3月28日に護摩を焚かなければいけなかったのですが2月に引き続き葬儀など緊急な要件が発生してしまいました。それでも今月の護摩を焚けました事は幸いでした。お不動様も大変厳しい姿勢や態度を見せておりました。世界的には一応平穏に過ごしいる今日ですが何が起きるか分からないと言った状況が渦巻いていると言う事のようですね。何もない事を祈りたいと思います。昨年か後半頃から28日護摩祈祷には参拝客が徐々に増えているようです。気を引き締めて焚いて行くように心がけします。来月は、予定通り4月28日には護摩を焚きたいと思います。

 

| 成田山真如院 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページ: 2/36  << >>
ページの先頭へ戻る